名刺

印刷イメージを見られるか調べる

納得できる名刺を作成してもらうためには、サービスの部分を確認しないといけません。名刺作成業者によって様々なサービスをしている傾向がありますが、必ずあった方が良いサービスは、印刷イメージを見れるサービスです。印刷イメージとは実際に印刷をした際にどんなデザイン、どんなレイアウトになるのかです。
自分でレイアウトなどを考えているのに少し違った形で出てくる事があるのか気になってしまう人もいますが、修正をされる事があります。そのままのレイアウトやデザインでは印刷をする事ができないと言う場合にやむ得なく、修正をされてしまいますが、余白などの関係でイメージと離れてしまう場合もあります。印刷イメージで確認をする事ができれば、その場で再度修正の依頼をして直してをしてもらえるので、納得できない名刺が手元に来てしまう事はありません。
印刷イメージを送ってくれる業者と送ってくれない業者があるので、サービス内容の中に含まれているのか確認をしてから注文を確定させましょう。イメージと違った際に修正をしてもらうと別に料金を請求されてしまう事を懸念する人もいますが、サービスの範囲に含まれている場合は、請求が別に来る場合はありません。かかる作成料金は変わらないので安心しましょう。

魅力ある手書きの名刺作成

名刺作成をする際には業者に頼むこともありますし、自分でも作成することもできます。どちらにしろ印刷機能を使うことが一般的ではありますね。しかしせっかくですので存在感を出すためにも手書きというものを取り入れるのもひとつの形です。特に書道や絵を描くお仕事をしている方はとても強いアピール性をもつ名刺になるはずです。
ある程度の情報は印刷でも良いのですが、一部に手書きのデザインをしてみましょう。書道家なら筆で一言。絵を描くお仕事なら何かひとつの絵を直接かいてみるなど。こうすることにより、世界でただ一枚の名刺にもなりますし、思い入れも出てくるものです。もらった方も大事に保管してくれます。
一枚一枚に描くので時間はかかってしまいますが、その文の存在感は強いものがあります。名刺そのものがアートになっているので、アピールにもなりますし、見てすぐに何のお仕事なのかが解りますよね。印刷機能を使って一度に大量に作ることももちろん良いのですが、だからこそ皆がなかなかやらない、一枚ずつの手書きというところに強い意味があるのです。名刺は自分の分身とも言えるものですので、形として表すものとして楽しい名刺作成となるでしょう。

自分オリジナルの名刺作成

自営業などフリーの立場で仕事をしている人にとって名刺は非常に大きなポイントとなります。第二の営業ツールといってもいいくらい、営業活動を行う上で大事なものです。となると名刺作成にも当然ながら力を入れる必要が出てきます。 印刷会社に名刺作成を依頼するのも自分で作成するのもどちらでも良いのですが、とにかくインパクトのある名刺をあげた人の頭の隅っこにでも残り続ける様な名刺を作成する必要があります。
一番良くないのはとりあえず名刺を作りましたという簡単な名刺で終わらせることです。第二の営業ツールであることを考えても、アイデアとじっくり使う必要があります。どのようにすればインパクトを与えられるか、どのように書けば相手に興味を持ってもらえるか、そういう事を考えながら名刺作成をしていけば自然と自分の気持ちの入ったものが作れると思います。
ド派手だからいいというものではありません。シンプルでありながらも何を伝えたいのかをはっきりと協調して、自分がどういう人間であるか自分の会社がどういう会社であるかしっかりと伝える名刺が作成できれば十分だと思います。最近は名刺に自分の写真を入れたり、似顔絵を描いたりいろんな工夫をしている人が多いようです。みんながしていることと同じような名刺作成をしてもインパクトはないので、「自分オリジナル」を考えたほうがいいと思います。


アドプリントで美しいデザインの名刺作成が実現できます!名刺の用紙の種類も多く満足いただいております。

最新情報一覧

注目の記事

  • 名刺作成の時に意識するポイント

    皆さんは、名刺作成をする際どのようなことを意識しながら作成していますか?名刺というのは社会人においてとても大切なコミュニケーションツー…

  • 名刺作成をする上での名刺の向き

    皆さんの会社の名刺は縦長でしょうか?横長でしょうか?これから名刺を作成しようと思っている時にまず考えなければいけないことの一つに名刺の…

  • 名刺作成はプロのデザイナーに

    これからビジネスを始めようと思っている人にとって名刺はとても重要なものですよね。名刺のデザイン一つで会社のイメージやその人の第一印象の…

  • データを送る前に気を付ける事

    業者に名刺印刷を依頼する場合は、必ず行わないといけない部分があります。それは間違いが無いかです。データを送る前に確認しないと、間違った…